6年前のオンライン英会話後の記録

 
2010年4月に海外から帰ってきて、その10月よりオンライン英会話レッスンを始めました。せっかく話せるようになった英会話をサビつかせないように。

online lesson

その頃は本当に毎日ドキドキしながら、レッスンを受けていたのを思い出します。いろいろな講師の方とフリートークをして、言いたいことが出てこなくて頭の中が真っ白になったことも、何度となくあったのを覚えています。

その頃の熱い初心の気持ちを思い返すべく、当時のレッスン後のレポートを引っ張り出してみたのでした。

やはり当時の生々しい気持ちが、文章の中によく現れています。

■12月17日のオンライン英会話

昨日は夜10時から何度か会話したことのある先生との25分間。

だけど本当に頭が回転を止めていた。
いつもは割合スッ英文が浮かんでくるのだけれど、昨日は日本文が浮かんできてそれを英文に訳すような頭の動きだった。

そして更にその英文どころかキーワードもなかなか出てこない状態。相手の質問に答えようと高速で単語を探すのだが、いっこうに回転数があがらずサーチを完了しないのだ。

そして時間切れで「なんと言ったら良いかわからない。」と言ってギブアップ。

ボキャブラリー不足と頭の潤滑油不足という感じでした。あとで考えると、頭の中が日本語化している状態から準備体操をせずに英会話を始めたからだと感じた。

たった25分では中年チャレンジャーの頭の回転数は上がらないと再認識させられた日でありました。
 

 

■1218 12月18日今日は準備体操が効いたなぁー

今日は土曜日なので午前11時からのコースを予約。
今日の先生も以前何度か会話したことのある人で、なぜかわからないけどあまり緊張しないで済む先生だ。

昨日の失敗を繰り返さないよう、また今日は何とか昨日の自信喪失した分を取り戻そうと、事前にしっかりと準備体操(音読)を行った。

いつくかの参考書からピックアップして作った基本センテンス150を、予約時間の約1時間前にしっかりと3回繰り返しました。

もちろん使われそうなキーセンテンスを、いくつかノートに書いておき会話の準備をしておくことも忘れませんでした。

そして会話がスタート。「今日の天気は?」「誕生日はどう楽しんだの?」「何のプレゼントもらったの?」・・と会話がスムーズにつながり、なかなか快調に進んでいきました。

実はプレゼントに6本の赤ワインをもらったと話したら、自分も赤ワインが好き、ココナッツワインもとてもおいしいよ!と会話がどんどん進み、あっという間に25分が終了。

今日は楽しく英会話ができました。

やはり会話の素材を少し用意するのと、十分準備体操(音読)を行っておくのがとても大事と感じた一日でした。

ブログTop


a:832 t:1 y:0

コメント


認証コード5892

コメントは管理者の承認後に表示されます。