トップ「積極的に話そう」とする姿勢

2.「積極的に話そう」とする姿勢

2.積極的にアウトプットの機会を探したり、作ろうとする。

 あなたは定期的に英語を話す機会を持っていますか?

 この英語を話すチャンスが少ない日本で、もしも定期的に話す機会を
 持っているという人は、それをしっかり継続することにより、他の人
 よりも早く上達できるのは間違いありません。

 結局、英語を話す力は、話す練習や実戦にどれだけ時間を掛けたかな
 のです。どれだけ英語の勉強をしていても、話す練習をしなければ絶
 対に話せるようにはならないのです。

 話す練習が絶対に必要であることを知っており、そしてその機会を持
 っているという人が、早く上達するというのは間違いのない事実なの
 です。
 

 

いろいろな話す機会

 話す機会がないというあなた、・・・理由を付けて英語から逃げてい
 ませんか?

 別に英会話学校に行かなくても、いろいろと英語を話す機会がありま
 すし、作ることもできるのです。

 最近ポピュラーになってきた方法としては、オンライン英会話や英語
 喫茶などがあります。わたしはオンライン英会話をやっているのです
 が、3年半前のやり初めの頃と比べて、明らかに会話力が上達したと
 はっきりと感じることができます。

 欧米人が近くにいる場合は、「Hello!」と自分から話し掛けていくの
 でもいいし、昔風にカトリック教会へ出向き、英語で話すトライをす
 るのも良いですね。

 就寝前に必ず5つの英文を作って、部屋に置いてある植物に声を出し
 て話しかける・・でも良いのです。

 気楽にできて継続できる自分なりの話す練習方法を、まずはいろいろ
 トライして見つけてみようではありませんか。

 そこから、楽しく話せるようになった自分が、強くイメージできるよ
 うになるでしょう!

 まずは環境作りですね!!


a:2393 t:1 y:0