トップ英語が話せると、海外旅行は至福の瞬間に

英語が話せると、海外旅行は至福の瞬間に

もしも英語が話せるなら、海外旅行をしたときにどのように便利なのか、過去に言った旅行先でのことを思い出しながら、書いてみたいと思います。

わたしは独学で英語を勉強して、少しだけ話せるようになってからずいぶん海外旅行に行きました。

数えてみると8カ国10箇所ですね。
アメリカ、ハワイ(アメリカ)、グアム(アメリカ)、カナダ、韓国、中国、香港、ベトナム、台湾、フィリピン。

そのうちアジアは6カ国です。
(香港は中国に返還される前にも行っているので)
そしてベトナム、中国、香港はいずれも3回以上行っています。

travel


海外旅行の計画の仕方

今は海外旅行を計画するのも予約など段取りをするのも、非常に簡単になりました。インターネットで行き先を調べ、そしていろいろな口コミで訪問先を調査して、目的地を選びます。

また旅行に費やせる日数が決まったなら、次は航空券とホテルの予約です。

航空券は各航空会社のサイトで、すぐに予約ができます。わたしはJAL、ANA、キャセイパシフィック、ベトナムエアラインを良く使っていました。

またホテルも同じで、ホテル予約サイトで海外のホテルも簡単に予約ができるようになりました。わたしは候補の多さと時たま特典があることから、楽天トラベルの海外を使う場合が多いです。

そのようにして全てを自分一人で決めて、今までいろいろな国に行ってきた訳です。

 

英語の重要さ

そこでいつも出てくるのが英語です。

海外へ行っていろいろ楽しむためには、絶対に英語が必要です。
ただ見て食べて楽しむ旅行ならツアーを利用すれば良いでしょう。

しかし現地に行ってから好きな観光コースを選んだり、夜に自由に行動したり、ローカルの人とコミニュケーションをしようと思うなら、絶対に英語が話せる必要があります。

日本人観光客の多い国で免税品を買う場合は、売り場に日本語を話せる人がいることが多いですが、ローカルの店で買うような場合はほとんどいないので、当然英語が必要になります。

中身を確認したり、お薦めを聞いたり、値段を交渉したりなど、英語が話せるなら随分と楽しく買い物もできるようになります。英語が話せないと、なかなか多くを自由に楽しむということができないでしょうね。

よく英語を使うところ・・

他によくあるのは、ホテルで観光スポットを調べたり、ミニツアーを確認して申し込んだり、タクシーを1日借り切って観光スポットめぐりをしたり、オープンな2階建てのバスに乗ったり、レストランでお薦め料理を聞いてそれを食べたり・・・など、話せると話せないとでは、まったく旅行の楽しみ方が変わるのではないでしょうか。

突然、街のど真ん中でトイレに行きたくなったらどうしますか?
そうです、近くの人にその場所を尋ねますよね。

とにかく海外で自分の思うように計画し行動しようとするのならば、英語を話せることは必須なのです。

楽しかったこと

わたしが海外へ行ったときに一番楽しいのは、やはりローカルの人と話をすることです。環境が違うし、文化が違うし、習慣が違うし、考え方が違うので。

「あっ、こっちの人はこんなふうに考えているんだ・・」と思うことがよくあります。そして、自分のことや日本のことを話すと、本当に興味深く聞いてくれます。

アジアの人は、ほとんどの人が日本にすごく興味を持っているように思います。
戦争では負けたけれど、勤勉さで経済大国として復活した国。

マンガ、アニメ、ナルト、ワンピース、しんちゃん、おしん・・などの単語も、いまではポピュラーになっています。もしかしたら日本以上・・ですね。

今、日本で若い人に、「おしんって知ってる?」と聞いたなら、「知ってる」と答える人が何人いるでしょうか?

海外で同じ職場で働く若いスタッフに聞いてみたら、80%以上の人が「知ってる」と答えたものでした。かつてテレビで放映されて、物凄い人気となったことが
あったようなのです。(ベトナムと中国の話)

話が長々となってしまいましたがまとめると、英語が話せると話せないでは、海外旅行の楽しめ度がまったく違うということ。能動的、積極的に海外旅行をエンジョイするのと、受け身で観光するのと、180度楽しみ方が違うように
思います。

英語が話せるのなら、ハプニングを楽しむ余裕さえ出てくるように思うのですが・・。
 

◆トップへ戻る
a:1739 t:1 y:0